各地で臨時列車が豊富だったこの日。
朝には「現美新幹線」がラストラン企画でひさしぶりに上野まで乗り入れました!

DSC_2915
▲回9762M『特急 かいじ85号』(送り込み回送)@立川。(E257系0番台 モトM-105編成)

DSC_2924
▲回9172M『特急 かいじ83号』(送り込み回送)@立川。(E257系0番台 モトM-111編成)

「現美新幹線」の前に、E257系によるかいじ号の送り込み回送を記録。
中央線では、215系による「ホリデー快速ビューやまなし」はもちろん、485系「華」・「リゾートやまどり」、「TRAIN SUITE 四季島」、「信州カシオペア紀行」も運転され、ひさしぶりに賑やかになりましたね!

DSC_2929
▲472C『Maxたにがわ472号』@大宮。(E4系 ニシP82編成+ニシP?編成)

DSC_2936
▲602E『あさま602号』@大宮。(E7系 ナシF4編成)

DSC_2938
▲300C『とき300号』@大宮。(E2系1000番台 ニシJ73編成)

大宮駅に着くと、最後となる首都圏乗り入れの姿を捉えるべく既に多くの撮影者が…。
13番線に入線すると予想し練習していましたが…。

DSC_2948
▲9436C『旅行商品専用臨時列車』@大宮。(E3系700番台 ニシR19編成『現美新幹線』)

まさかの14番線入線となりました。
ですが、大宮駅で「現美新幹線」の編成写真を無事に撮れてよかったです!

DSC_2944

DSC_2946

レアな「現美」の種別幕、「上野」の方向幕も記録。

DSC_2952

東武野田線に乗り換え、次の撮影場所へ。
「3400形スカイアクセス線疾走ツアー」か「SL大樹ふたら」のどちらにするか迷いましたが、後に私用があることを考え、北総線のほうに行くことにしました。

DSC_2959

新鎌ヶ谷駅に着くと、先日の船橋駅同様にSL大樹「ふたら」と…。

DSC_2960

絶滅危惧種である「東京チカラめし」がありました。

スカイアクセス線経由のツアーは何回か催行されているのですが、今回はこれまでと違って1日2便であること!
撮影場所を変えて楽しみたいところです。

第1便の撮影場所に選んだのは、ここ最近の定番となっている印旛日本医大駅。
今回は3400形ということで、通過直前には多くの撮影者が集まりました!

DSC_2971
▲S01『3400形スカイアクセス線疾走ツアー』(第1便)@印旛日本医大~成田湯川。(京成3400形 3438編成)

晴れたり曇ったりと不安定でしたが、比較的良い光線状態で通過していきました!
3400形は、初代AE形の足回りを再利用して製造された車両。
足回りだけとはいえ初代スカイライナーがスカイアクセス線を疾走する姿は、胸を熱くさせますね…!

DSC_2977

DSC_2979

DSC_2981

第2便も撮るべく、すぐさま東松戸駅へ移動。
印旛日本医大駅構内で、10月1日から運転開始された「臨時ライナー」の乗車位置目標をバッチリ記録!

DSC_2996
▲S03『3400形スカイアクセス線疾走ツアー』(第2便)@東松戸。(京成3400形 3448編成)

想定より早い時間で通過していきましたが、何とか記録出来ました。

無事に目的を達成して私用先へ向かおうとしましたが、東松戸駅でまだ数名撮影者が待機していたことが気になり調べてみると、何と第1便の返却回送が迫っていることが分かりました!
まだ時間はあるので、急遽京成高砂駅で撮影することに。

DSC_3004
▲S01『3400形スカイアクセス線疾走ツアー』(第1便)(返却回送)@京成高砂。(京成3400形 3438編成)

まさか返却回送もスカイアクセス線経由とは思いませんでした。
嬉しい誤算に満足しながら、次の列車で私用先へ向かおうとしたら…。

DSC_3007
▲51K『快速 西馬込行』@京成高砂。(京成3400形 3428編成)

またまた嬉しい誤算!乗車電が3400形でした!!

この日の撮影は、ここで終了。
幸運続きで、「3400形スカイアクセス線疾走ツアー」のほうを選択してよかったと思える一日となりました!



twitterはこちら↓
https://twitter.com/odphotographer

鉄道コムはこちら↓
468×60サイズ