2020年8月1日より運転を開始した「ELパレオエクスプレス」。
カラフルなデキが牽引しているとのことで盛り上がっていますね。

その雰囲気に釣られて、今回は過去に撮影した秩父鉄道での写真を。

DSC_5560
▲『普通 三峰口行』@大麻生~明戸。(秩父鉄道7500系 7507編成(HODOSAN FOUR LEAF GARDEN HM付き))

DSC_5563
▲『普通 羽生行』@大麻生~明戸。(秩父鉄道5000系 5002号編成)

DSC_5565
▲『普通 影森行』@大麻生~明戸。(秩父鉄道7500系 7501編成(長瀞HM付き))

DSC_5575
▲『急行秩父路 三峰口行』@大麻生~明戸。(秩父鉄道6000系 6003号編成(リバイバルカラー))

DSC_5577
▲『普通 三峰口行』@大麻生~明戸。(秩父鉄道7000系 7002号編成)

中間電動車からの改造であるため、オリジナルとは似て非なる前面形状を持っている編成。
東急からの譲渡車両が変更されたため、7000系自体は2編成しかいないのだとか。

DSC_5585
▲『SLパレオエクスプレス』@大麻生~明戸。(C58-363(赤プレート&鳳凰デフ付き)+12系客車 4両)

この日は「SLパレオエクスプレス」運行開始30周年ということで、鳳凰デフ、手摺・連結器銀挿し、赤プレートという豪華仕様で運転されました!
煙こそ出なかったものの、大満足です。

新型コロナの影響により、地方への遠征が難しい今日この頃。

「ELパレオエクスプレス」の撮影も検討しておきましょうかね。



twitterはこちら↓
https://twitter.com/odphotographer

鉄道コムはこちら↓
468×60サイズ